【早期発見・早期手術で安心】 鼠径ヘルニアの恐怖

鼠径ヘルニアは早期手術することがとても大切!

怖いヘルニア

ヘルニアになると生活に支障をきたす場合があります。例えば、腰のヘルニアを持っていると重い物を持つ時や運動をしている時に注意する必要があるでしょう。このようなヘルニアの中には鼠径ヘルニアというのがあり、同様に放っておくと体に様々な影響がでるので要注意です。そんな鼠径ヘルニアについて理解を深めましょう。

代表的なヘルニアの種類

  • 鼠経ヘルニア
  • 大腿ヘルニア
  • 閉鎖孔ヘルニア
  • 腹壁瘢痕ヘルニア
  • 脳ヘルニア
  • 椎間板ヘルニア
  • 頸椎ヘルニア

【早期発見・早期手術で安心】 鼠径ヘルニアの恐怖

病院

鼠径ヘルニアとは

脱腸と聞いたことのある方も多いでしょう。鼠径ヘルニアになると、脱腸という名前のとおり、正常な位置にある腸が脱して、飛び出している状態になります。鼠径ヘルニアになり、放置をしていると歩行するのがつらくなり、腸閉塞や腹膜炎を起こしやすくなるとされています。そうなると命に関わる可能性も高まります。治療には様々な手術の方法があります。

なりやすい人の特徴

なりやすい人には特徴があります。便秘、肥満体型、前立腺肥大の方、咳込むことが多い人、妊婦などです。また、なりやすい性別は男性で、特に中高年に多いとされています。その中で最も注意すべき方は喫煙者、力仕事や立ち仕事をする方は要注意です。

セルフチェック

不安だと思う方は自分でセルフチェックをすることが大事です。重い荷物や立つ仕事が多いか、下腹部に重苦しさを感じる、腹部に腫れ物があり時々痛む、足の付根に膨らみを感じるなどです。特に足の付け根に膨らみがあり、痛むのであれば病院に行くことをオススメしますよ。

少しでも不安なら病院へGO

セルフチェックをして該当しなかったとしても、違和感があれば病院を受診しましょう。どんな病気でも早期発見は大切です。

広告募集中