メンズ

投資顧問を雇用する|業者選びのポイント!

色々な不動産投資を知ろう

硬貨

上場と非上場があります

リートとはファミリータイプマンションやオフィスビル等の収益物件を保有して運用する投資商品です。上場しているものと非上場のものがあります。上場リートとは株式市場で取引をすることができる種類のものであり、証券会社に口座を持っていれば誰でも取引をすることができます。非上場リートとは、主に機関投資家向けに販売されている投資商品であり、その取引に参加できる人が限定されています。ワンルームマンションやオフィスビルを保有して運用する不動産投資に似ていますが、不動産を直接的に保有することがないため、所有権や固定資産税の支払いなどの権利義務関係が発生していないという点で、リートと実物不動産での不動産投資は異なっています。

所有権を持てます

リートとは異なりますが、同様の仕組みをもった不動産投資商品として不動産特定共同事業に基づいたものがあります。こちらは、小口化されているという点ではリートと同じですが、実際には不動産そのものを持つ形態となります。但し、運用は投資主個人が行うのではなく、管理組合を創設して理事を定め、その理事が運用管理を行います。理事は不動産特定共同事業を企画した不動産会社がなる場合がほとんどであり、投資主は家賃の受け取りをする以外に手間はかかりません。つまり、管理面ではリートと似ていることになります。最近ではマンションやオフィスビルを対象としたものだけでなく、複数の駐車場を対象とした不動産特定共同事業も登場しています。